ペナンと戦争

  さて、ペナンに行ってきました(^o^)   僕はペナンは5年前に来たことがあったのですが、基本的にマレーシアは、住むのにはよいが、旅行者にとっては退屈な国であったような気がするので、1泊2日だけでさっさと立ち去ってしまったのです。   そのときに、主要な観光地は行ったのですが、最も観光客が楽しみにしてそうなアルメニアンストリートは飛ばすは、ぶっちゃけあまり満喫してなかった気がしますな。   でも生活はしやすい場所だと感じていました。   5年ぶりにChuliaストリートに来ましたが、当時よりも賑やかになってる気がしました。 もしかしたら土曜日だったからかも(;^ω^)       久しぶりのペナンで、あまり観光客は行かない、いや居住者であってもあまり行かない場所に2ヶ所行ってきました。   一つ目は、戦争博物館です。       ここは実はペナンに住む日本人の方と行ったのですが、蚊はすごい多いし噛まれるし、雨は降るし…ということで、内容はあまり見てないのですな(;^ω^) 基本的にマレーシアは暑いので、屋内でエアコンがガンガン効いた博物館なら、じっくりと内容を読むことができるのですが、屋外の展示は暑いのでとりあえず適当になることが多いのです。   なので、要点をまとめますが、もともと英国軍が使っていたこの場所を、日本軍が接収してからどんなことをしてきたかがそのまま残っている場所です。 まあ処刑も多くしてきたみたいですので、あまり好ましい場所ではないみたいですな。 数年前までは手付かずでジャングルになってたようです(^_^;)     2つめは、日本人墓地です。       とはいえ、日曜日は墓守さんもいないのか、入ることはできませんでした。     門の外から黙祷を捧げて引き返しただけです。 ってか、仮に入れても、暑いので、すでにバテバテなのですな。 ペナンの日本人墓地は、イポーと同じくらいに小規模です。   大半はからゆきさんのお墓のようです。  ...