Category: Thailand

タイ南部の地方都市 スラタニ観光

タイ南部のスラタニに行ってきました。スラタニ周辺にはきれいなビーチの離島が多くあるので、この街を拠点に船が沢山出ています。本当はサムイ島に行く予定だったのですが、雨季で海も荒れることが予想されたので今回は街の散策のみにしました。深く掘り下げればいろいろな場所があるのでしょうが、一日もあれば十分に満喫できるかな。   目次【本記事の内容】 1.スラタニ空港から市内へバスで移動  1-1.My Place @ Surat Thani  1-2.Sahathai Garden Plaza  1-3.City Pillar Shrine  1-4.Ko Lamphu  1-5.Night Market  1-6.Lucky Restaurant  1-7.Alte Bogenbrücke 2.まとめ   スラタニ空港から市内へバスで移動 クアラルンプール – スラタニのエアアジア便が就航したので早速行ってみることに。金額も安いです。飛行機に乗っている人は、離島に行く欧米人が多かった印象ですね。 中くらいの規模の空港です。 空港からスラタニ市内には寄らずに直接離島へ行く人が多いので、空港内にはバスやフェリー会社の受付が多いです。 僕は公共交通機関のバスでスラタニ市内へ移動します。空港から市内までは100バーツです。特に時間は決まっておらず、バスの席が埋まったら出発するようになっています。 シートは立派な感じ。 離島に行く方は、空港から島へ直接移動する人が多いのかと思いましたが、意外と市内に一時移動してから、船に乗る人も結構いましたね。 スラタニ市街。   お寺の門を見つけました。中に入ってみると、賑やかなマーケットがありました。   タイの国旗カラーの装飾。   これは旨そうなチキンがならんでいます。...

山田長政の終焉の地 ナコンシータマラート

タイ南部のナコンシータマラートという場所に寄ってみました。小さな町ですが、日本にも縁のある場所のようです。タイ南部で最も重要な仏塔があります。仏陀の歯の遺物が含まれているとのこと。また、国立博物館もあり、そこは昔に東南アジア全域を支配していたスリウィジャヤ王国の際の遺跡展示があるということで非常に興味深いのですが、私が訪問した際には博物館が閉まっていました。あとは、日本の駿河出身の武将が、この地に王として任命を受け、その地で亡くなったという場所でもあります。人口は10万人くらいの街ですので、そんなに大きくはありません。   目次【本記事の内容】 1.ナコンシータマラートとは?  1-1.ナコンシータマラートバスターミナル  1-2.王室寺院ワット・プラ・マハタート・ウォラマハウィハーン  1-3.THALAD PARK – City Museum – 山田長政慰霊碑 2.まとめ   ナコンシータマラートとは? タイ南部の東海岸側です。   ナコンシータマラートバスターミナル バスでスラタニからこの街まで約2時間。 人もゆっくりしていて、のどかな場所です。 タイは経済成長からか、バーツが非常に高いため、国民の所得はドルベースで急上昇していると思います。が、人々の生活を見ていると、『そんなの関係ねえよ。もっと給料が欲しいなあ』みたいな雰囲気が伝わってきます。   では、バスターミナルから、バイクタクシーをつかまえて、有名な寺院へ向かいます。   王室寺院ワット・プラ・マハタート・ウォラマハウィハーン バスターミナルから、バイクタクシーで10分程度でタイ南部で最も重要な寺に到着です。40バーツくらいだったかな。 結構大きいですね。 スリランカ建築だと思いますが、どことなくミャンマーっぽいとも思える。まぁ基本的には同じ仏教ですので形はほとんど同じかと。 寄付もQRコード支払いの時代のようです。 平日の昼間ですが、結構参拝者及び観光客は多かったですね。 では、ここからトゥクトゥクでTHALAD PARKまで移動します。 大道路沿いには、昔の城壁が見えます。 小さな町ですが、駅周辺だけは込み合います。 トゥクトゥクを降りて少し歩くと、公園が見えてきます。この公園内に、博物館と山田長政の慰霊碑があります。この公園は大きいのですが、Googleで検索しても場所が出てきませんので、下に地図を載せておきます。       THALAD PARK...

ケーキやダイハツ・ミゼットのトゥクトゥクが名物 トラン観光

タイ南部のトランという小さな町に立ち寄ってみました。約5時間くらいの滞在でした。海が近く、離島も多いのできれいな海を楽しめる場所でもあるのですが、知名度も低くさほど観光客がいない場所です。田舎ですので、タイに住んでいる外国人でさえも、さほど興味のある場所ではないでしょう。名物のトランケーキや、変わった形のケーキやダイハツ・ミゼットのトゥクトゥクが名物 トラン観光が人気のようです。またタイ南部は、マレーシアが近くなるため、マレーシアに近づけば近づくほど、中華系の割合や文化、中華系レストランが増えてくることも興味深いです。国境によって住んでいる国は分かれても、人の移動の歴史は広がっていくわけですね。 では、あまり多くはないですがトランについて記載してみましょう。   目次【本記事の内容】 1.タイ南部のトランとは?  1-1.トランバスターミナルに到着  1-2.トラン駅  1-3.ダイハツ・ミゼット(トゥクトゥク)  1-4.トランケーキ  1-5.トラン水中結婚式  1-6.トラン教会  1-7.街中散策 – ストリートアート  1-8.時計台  1-9.ジュゴンモニュメント 2.まとめ   タイ南部のトランとは? アンダマン海に面したタイ南部の県。トラン近郊の海岸では、ジュゴンが見れる様子。バスでトラン郊外を移動すれば気づくこととして、ゴムの木が多い。ゴムの生産が大きな産業の様子。ちょうどハジャイとクラビの中間地点くらいにある。両方の都市から、バスで約2時間くらいの距離。そのため、交通の要所であり、バスの数は多い。   トランバスターミナルに到着 ナコンシータマラートという町から、2時間弱くらいで到着。タイ南部の田舎から田舎の移動です。写真を見るだけでも、ゆったり感が伝わってきますね。ちなみに、このエリアに来ると、英語が通じるタイ人に出会うことは稀です。 バスターミナルというか、ミニバンターミナルという方が正しいかな。バスは少ない。     では、バイクタクシーに乗って、トラン駅に向かいましょう。トラン駅周辺にいろいろ見るものがある様子。   トラン駅   小さい駅です。 手を合わせているイラストがかわいらしいですな。       ダイハツ・ミゼット(トゥクトゥク) 年配の人には懐かしいかもしれません。ダイハツ・ミゼット(トゥクトゥク)。ダイハツの生産していたオート三輪ミゼットは、70年代前半に4輪に代わる前に諸外国に大量に輸出された。そのうちタイに輸出された大部分が「トゥクトゥク」と呼ばれるタクシーとして運用されていた。今でもミゼットが現役で利用されているのはトランのみとのこと。現地ではホアゴップ(カエル頭のトゥクトゥク)と言われていると、日本語の記事にはあります。   しかし味がある。面白い形ですが、燃費は悪そうです。  ...