Month: May 2020

結婚を考えていて、指輪も買っていました。コロナウィルスによるマレーシアの都市封鎖がなければ、すでに大使館にも書類を提出していたでしょう。ですが、結婚を中止にしました

          青空に線を引くひこうき雲の白さはずっとどこまでも ずっと続いてく明日を知ってたみたい 胸で浅く息をしてた熱い頬 さました風も おぼえてる             2年少し前に、何度も何度も、何度も何度も聞いていた歌を思い出した。僕が一言言葉を発したあの時に、一瞬で雰囲気が変わったあの瞬間のことは、今でもよく覚えている。何かがガラガラと崩れていくような、見えているものが見えていないような、聞こえている音もうまく聞こえていないような。何かが終わったのは分かっていた。あまり空気が吸えなかった。浅く息をしてた。あの時以降の、数十分間程度の記憶は今でもない。       たった2日間くらいで公開中止にしたブログは、以前からたまに、『あの記事を読みました』と言われることがあった。公開していた期間は短かったのに、あの記事を読んだ人がそんなにいたのかと驚かされることが多かった。あれからずいぶん経った。久しぶりに読み直したが、文章にまとまりがないと感じた。実は一年前にとある事が起こって、一つの答えを自分の中で見つけた気がした。今ならもっと客観的に書ける、そう感じた。2年以上前の当時の文章はそのまま残しつつ、現在のことも引用として補足したいと思う。     僕は日本人ですが、マレーシア国内で、中華系マレーシア人の女性と1年近く付き合っていました。お互い結婚する予定でした。マレーシア国内で在住日本人がローカルマレーシア人と結婚する場合は、まず日本大使館に行く事になります。その後、マレーシア国の結婚機関に申請することになります。日本から戸籍謄本も取り寄せていました。2020年にコロナウィルスによるロックダウンが始まったことで、外出もできず、大使館も一時閉鎖になりました。もしロックダウンがなければ、おそらく日本大使館に書類を申請していたでしょう。仲も良かったですが、そのような中でどうして結婚を辞めたかは、彼女が私に出会う前に不動産を購入していたことに起因します。そして、もっと重要だったことは、そのことについて、お互いにじっくりと話し合うことができなかったことです。今思い返せば、根本的な原因は不動産ではなく、出てきた問題に対して、お互い冷静に話し合うことができなかったことが、僕が彼女に対しての信頼をできなくなったことでした。主な問題は下記になります    1,彼女自身で住宅ローンを支払っていける資力がなかった(ローカル友人や同僚に確認したが、明らかに給与で支払える範囲を超えていた)    2,私は彼女の住宅ローンを支払うことはできた。でも名義は彼女100%。なにそれ?危なくない?もし離婚したら私どうなるの?    3,その彼女の購入していた不動産自体が、私がお金を支払う先として全く興味を持てなかった(私は日本にて、不動産物件を自分で購入・賃貸・売却の経験があるため、少しは不動産に対する知識があった。彼女は私に出会う前に不動産を購入していたため、私はその物件に関しては何も知らない。家を購入していたという話だけは聞いていた)    4,不便な場所にある。他の友人の意見でも、とても毎日居住して会社に通勤できる場所ではなかった   ということで、当時はどうするべきかをいろいろ考えていました。その際に多くの友人や同僚からいろいろな意見を聞きましたので、それらの情報をまとめました。基本的には自分の思考を整理したいという意図が主だったのですが、こういう情報が必要なケースに直面している人もいたりするでしょう。そのため、とりあえずブログに残しておくことにしました。なお、おそらくこのケースは、そんなに珍しいものではないと思います。マレーシアでは非常によくあるケースだと思いますし、似たようなケースはアジア中にあるでしょう。いや、国際結婚の場合は、どこの国だろうと、この問題は避けて通れないのではないかと思います。   なお、この記事を残す理由は、下記の2つである。 起こったことを正確に整理する 後世の他の方々のために残しておく     目次【本記事の内容】...