アートの街 ベントン観光

 

マレーシアに住んでいる人は、クアラルンプールって何も無いよね?とかって思いがちな人も多いと思います。まあ探せばいろんなものがあるのですが、ずっと住んでいるとネタも枯渇してくるもので。

そういう場合は、クアラルンプールから1時間のベントンという町に小旅行にいってみてはいかがでしょうか?

ゆっくりできていい街ですよ。

 




 

ベントン基本情報

 

どこにあるの?場所・地図

ゲンティンハイランドからも近いです。パハン州の西側になります。

 

どんな街?概要

ベントン。マレーシアの首都クアラルンプールからバスで1時間くらいで行ける小さな街です。漢字では、文冬と書きます。ベントンの街としては、“Fresh Air Lung Washing”、新鮮な空気で肺を洗浄しようみたいな街の宣言を掲げているみたいです。山の中にあるためか、年間を通じて30度を超えることがない比較的涼しい街です。中華系が多い街。小さい街なので、3時間もあれば見て回れます。

 

ベントンの観光について

 

お勧めスポット

 

Bentong Gallery

ベントンの歴史と文化や観光に関するものが展示されている。地元の有力者や現在の国会議員なども写真つきで紹介。ベントンはスズの採掘で発展した町ですが、その時にはLoke Yewと言う広東省から移民してきた方が大きなビジネスを成し遂げたようです。そのせいか、中華系の人が多いですね。

 

 

China Town

 

 

 

めっちゃ長いブランコ

木にぶら下がっている長いブランコ。楽しそうです。

 

この長いブランコがある公園はここです。

 

こんなことが楽しめる

なんといっても狭い町中にあふれる味のあるアート。クオリティが高く、そして渋い。

あれ?これはどこかで見たような気も……。

 

 

 

 

食文化

中華系が多いので、ワンタンミーやポークヌードルなどが美味しいです。

 

 

ベントンへの行き方・アクセス

 

クアラルンプールからベントンまでバスで行く

バスはチャイナタウンのPuduバスステーションから出ています。

 

まとめ

今回の記事では、ベントン観光について記載してみました。

基本的には

  • ベントンギャラリー
  • アート
  • 中華街

の3つになります。

他にも醤油の工房など興味深いものもいろいろありました。

クアラルンプールから近いので、ゲンティンハイランドに行くついでにも立ち寄れますね。

 

ではでは。良い週末を。




Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *