クアラルンプールのタイ寺 Thai Buddhist Chetawan Temple でお参り

 

みなさん、クアラルンプールにタイのお寺があることはご存知ですかね?

マレーシア北部のタイ国境近くに行くと、タイ・マレーシアハーフなども多いためか、ちょこちょこタイ寺があります。でもクアラルンプール周辺などのになると、ほとんどありません。

聞いたところでは2つくらいはあるようです。

なぜ、タイのお寺を紹介するかというと、たまにお参りや手を合わせに行きたいと思うこともあるからです。日本は無宗教国家だと思いますが、願い事があるようなときは、お寺や神社に行ってお参りをしますよね。

マレーシアではなかなかそういうことが難しいのですな。

モスクに入るわけにも行かない、ヒンドゥー教のお寺とか分からない、中華寺もちょっと違う。。。

ここでお勧めなのが、タイ寺です。

大仏様の前で手を合わせることに慣れている日本人には、タイ寺が一番近い。

日本人には神道なのかもしれませんが、マレーシアには神社はありませんからね。(出雲大社の分社はあるが、ちょっと小さい・・)

日々の心の安らぎの為にも、タイ寺で仏像さんに手を合わせることをお勧めしたいと思います。

ここで紹介したいのは、ペタリンジャヤ市にある Thai Buddhist Chetawan Temple です。

 

 




 

Thai Buddhist Chetawan Templeの概要・場所

結構大きいお寺です。中華系仏教徒も多いですが、タイ人も多いです。ヒジャブをかぶったムスリムの方は見ませんでしたが、インド系の方もおられます。

当然ですが、日本人が入ってもさほど目立ちません。

タイ式のお参り方法を理解する方が重要ですね。

また、タイにはソンクランという水かけ祭りが年に一度ありますが、この Thai Buddhist Chetawan Temple のお寺でも水かけ祭りが毎年行われています。

ですので、体験したい方は、当日ここに来ることも良いでしょう。

 

場所は、ペタリンジャヤ市にあります。Taman Jaya LRT駅から歩いていくこともできます。

 

Thai Buddhist Chetawan Templeの写真

道路側からの写真

平日は参拝客はあまり多くないと思いますが、土日は周辺の道路に多くの車が駐車されています

入り口

ウェサックデー(お釈迦様の誕生日)が近いからか、花が外でも売られています。

駐車場は境内内にも多くあります。

スポンサー募集。意外と安いですね。

一番大きい本堂

中は扇風機もあって涼しいです。

僕が好きなところはこちらですね。静かでゆっくりお参りができます。ここはよく犬が寝ています。外が暑いので、大理石に集まってきているようです

ブッダのお守りを購入できます。タイのお守りは、英語では lucky charm とか、buddha amulet などと言います。タイ語では、プラクルアンといいます。発音がちょっと難しいですが。タイの人は、それらをネックレスなどで首につけたりしています。

 

なんか、怪しいお守りもありますね。。。

 

鳥にえさを上げています。のどかでいいですな。

 

 

まとめ

マレーシアのペタリンジャヤ市にあるタイ寺 Thai Buddhist Chetawan Temple について記載してきました。

駐車場もあり、訪問しやすい場所だと思います。

境内も広く、ゆっくりできると思うので、たまには仏像の前で手を合わせるのもいいかもしれませんね。

ではでは




Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *