サバ州旅行 北へ!サンダカン編 Vol.1

『私の住む街には、Pavilionのような大きなショッピングモールはないわ。だけど、海の近くには、HarbourMallというショッピングモールがあって、そこは街の人達の誇りなの』

早朝6時、古波蔵佑はタワウのホテルで目を覚ました。朝8時からのサンダカン行きのバスに乗るためだ。オンラインから予約をする予定だったが、アプリケーションがうまく動かずに予約できなかった。郊外の街行きバスのあるバスターミナルは、街の中心部にはない。市内から10km程度離れている。なぜこんな遠くにわざわざバスターミナルを作る必要があったのだろうか。佑は、早朝の街を少し見てから、できればローカルが利用しているバスで、バスターミナルに行きたいと考えていた。その方が安いし、何よりもローカルの目線で移動することができる。朝のタワウの街はとても静かだった。しかしすでに太陽は登っていた。同じマレーシアでも最も東に位置するこのタワウは、最も西にある首都クアラルンプールも太陽が昇るのはかなり早い。一時間半ぐらい違いがある。6時はもうすでに明るく、街を歩く人の姿も見えた。しかし、それは逆に暗くなるのも早いことを意味する。少し街を散策したところ、あまり大きな違いはないなと感じたから、佑はバスターミナルに戻った。ここはそんなに都会ではない。飲食店もそんなに朝早くから開いているわけではない。ましてやパンデミック中なのだ。とりあえず市内のバスターミナルに行き、始発のバスが何時かどうかを調べてみよう。行先が郊外向けバスターミナル方面になっているバスの場所は分かったが、何時に出発するかを聞いてみると、早くて7時40分発だった。それではとてもじゃないが、サンダカン行きのバスに間に合わない。やはりタクシーを使うしかない。ローカルバスには乗れないのは仕方ががないが、市内のバスターミナルの近くのお店は、朝早い時間に行き交う人々のためのお店がいくつか開いている事に気がついた。マレーシアのお饅頭のようなお菓子をいくつか買って、タクシーを呼んだ。タワウともお別れだ。10キロほど離れたバスターミナルへ向かう。ドライバーはとてもよく喋る男だった。兄弟はクアラルンプール周辺に住んでおり、彼だけがタワウに残っている。

『タワウはもともとのサバ出身の人達や、インドネシア・フィリピンの文化が混ざりあっていて、マレーシア半島のような人種による問題等は起こっていないよ。ここはいいところだよ』

ドライバーはそう言っていた。朝からいろんな話ができたドライバーに、Have a nice day!と伝えた。さあバスターミナルに着いた。なんでこんな遠いところにバスターミナルを作ったんだろう。不便なこと極まりない。ほとんど工業地帯の中にぽつりとバスターミナルがある。バスの発車時刻の8時までは、まだ時間は1時間ぐらいあった。とりあえずチケットを買おう。バスのチケット売り場には多くの人が並んでいた。タワウからサンダカンまでは、362キロあった。価格は47リンギットだった。正規料金ではあるが、6時間程度のバスで、47リンギットはずいぶん高く感じる。なぜかというと首都クアラルンプールから人気の観光地ペナンまでは約5時間程度だ。1時間程度短いとはいえ、30リンギット以下でもバスチケットは売られている。こっちは6時間で1時間ほど長いといえども、価格が20リンギットぐらい違う。ずいぶん金額が高いなと感じたが、クアラルンプール – ペナン間のような、多くの人々がたくさん利用するような路線と、こういう田舎の路線では、この価格の差は仕方がないことなのかもしれない。ちなみに、オンラインでチケットを購入すると、この47リンギット+システム利用料の7リンギットがかかる。利用料が追加でかかるとしても、事前に購入しておいたほうが安心感はある。バスのチケットを購入したあと、佑は広いバスターミナルを見て回った。広いバスターミナルとは合わないほどに、乗客や利用者の数は多くはなかった。朝食を食べる軽食屋があり、いくつかの人たちが朝ごはんを食べている。ご飯を食べているのは人間だけではない。軽食屋の店員があげているのだろう。猫もいる。働かないのにも飯や水をもらえるとは、よい身分だ。ご飯を食べて落ち着いた猫は、身繕いを始めた。どこに行こうと、猫はいる。バスのドライバーの声が聞こえる。サンダカン行きのバスへの乗り込みが始まった。サンダカン、それは、佑がずっと行きたかった場所であった。

サンダカンへの道は遠かった。朝早く出発するバスに乗り、6時間かけてじっくりサバ州の景色を見る予定であった。しかしその予定は当てが外れた。実際に見てみると、目に見える景色はパームオイルばかりだった。緑色の景色は悪くはないが、商業主義が目についた。美しい景色なんて言うものはほとんどなかった。朝8時から、午後2時くらいまで、同じ様な景色が続いた。強いていえば、マレーシア半島側のパームオイル農園を管理する企業と、サバ州内のパームオイル農園を管理する企業の名前や看板が少し違うだけだった。途中で、警察による検問があった。不法侵入者をチェックするポイントだ。通常は警察が、通行者のパスポートをチェックするポイントのはずだが、実際に警察がチェックしていたのはパスポートではなく、MySejahteraアプリを見て、ワクチンを接種しているかどうかを確認するだけだった。だから警察は、『ワクチンパスポート!ワクチンパスポート!』と言っていたのだ。パスポートよりも、ワクチン接種したかどうかに価値がおかれていた。佑は、世の中はよくわからない方向へ動いていると感じた。バスは一度だけ休憩した。ご飯休憩ではなく、10分程度のトイレ休憩だった。コタ・キナバル行きとサンダカン行きに枝分かれしている交差点を、右に回ったあとは、1時間ほどでサンダカンバスターミナルに着いた。まあ長い旅だった。サンダカンバスターミナルは、これも市内中心部から少し離れたところにあった。

バスターミナルは市内から離れていたが、そう遠くはなかった。タクシーアプリを使えば、5RM程度と安い値段で十分に行き来ができる範囲だ。まだ時間があったので、宿に向かう前に、佑は観光地であるアグネス・キースの家へ向かった。

アグネス・キースは米国人であり、イギリスの旦那さんがボルネオ島に赴任になった時に、同行して、そのままサンダカンに住んでいた。そのアグネス・キースが住んでいた家が観光地になっていた。ボルネオ島での暮らし、旧日本軍がサンダカンに来た時に勾留された時の内容を記載した小説が出版されている。実際に日本語での本の出版もされているようで、コタ・キナバルの書店で販売されているらしい。ただし、佑は戦争の歴史には興味があったが、この観光地よりも、この家に来る前に見えた海の景色に心を奪われていた。このアグネス・キースの家は丘の上にある。丘の上からの海の見える景色が、とても美しかった。これを見るために6時間かけてここに来たと言っても、何もおかしくはない、佑はそう思った。

すぐ隣には、English Tea House & Restaurantという有名なレストランがあった。バックパッカーの佑には似つかわしくなかったかもしれない。が、せっかく来たのだ。コーヒーを飲んでみたかった。よく見ると、欧米人の集団が近くのテーブルに座っていた。やっと観光業が始まったようにも見えた。懐かしい雰囲気だと思った。そういえば、昨日タワウのナイトマーケットで出会ったJohanは、ペナンに住んでいるオーストラリア人達と少し前に一緒に飲んだと言っていたのを佑は思い出した。もしかしたら彼らだったのかもしれない。丘の上から、何度も海を見た。サンダカンの海。海が見える街だ。美しい海岸線があるわけではない。丘の上から海が見える、それだけで、佑は胸が動いた。佑は、本日の宿のHotel Sandakanへ向かった。サンダカンは、漢字では、『山打根』と記載する。

日本人でも、サンダコンと読むことはできるだろう。そんなことを考えている間にHotel Sandakanに着いた。なぜかホテルに行ったら部屋が空いてなかったので、アップグレードして、ファミリールームになってしまった。泊まるのは佑1人しかいないのだが、ベッドが3つもある。

あまりにもアップグレードされすぎだと感じたが、不便はない。カーテンを開けたら、海が見えた。佑の心は華やいだ。ホテルのミネラルウォーターを飲み、かばんを置いて、サンダカンの街に出た。サンダカンの街は、タワウに比べて華やいでいた。広くはないが、狭い範囲に多くのお店が並んでおり、活気があった。サンダカンの商店の看板のデザインは、他国の有名なキャラクターを真似て流用したようなデザインの看板が多かった。日本のドラえもんや漫画のワンピース、映画のGhostbustersであるとか。海に向かうにつれて、更に街は活気づいてきた。Harbour Mallというショッピングモールが見えた。

田舎のショッピングモールに期待はしていなかった。しかし、その期待を裏切るものだった。Harbour Mall周辺は人が多く、ショッピングモール内も、きれいで多くのお店がモダンなものだった。活気あるショッピングモール内にいると、友人の言葉が思い出された。

佑は安心した。佑はあまり田舎が得意ではない。何もない場所は退屈にさせる。空白の時間ができることを、佑は嫌う。その意味では、佑は落ち着いた生活はできない性格だ。Harbour Mall周辺には市場があったが、夕方ではすでに多くのお店は閉まっていた。人が多く密集したこのエリアは、時に治安の悪さも感じさせた。狭い通り、ごみごみしたスーパーマーケット。佑はこういう雰囲気に離れているので、あまり気にならない。むしろ、こういう雰囲気のほうが佑にとってはある種の落ち着きを感じさせていた。

Fat Catというパン屋が、この狭いエリアに数店舗あることに気がついた。せっかくなので、どら焼きを買った。後で分かったが、Fat Catは、サンダカンに初めてできたパン屋の様で、多くの人々に利用されているらしい。実際食べてみると普通の味だが、地元の人の誇りであることはすぐに分かった。

ヒジャブを被っているとはいえ、フィリピンから来ている人も多い街のようだ。インドネシア人はマレー語を比較的近い発音で話せるようだが、フィリピン人はRの音に少し違いが出るようで、ローカルの人からすると分かるらしい。いろいろ散策をしていたら、だんだん夕陽の時間が近づいてきた。港街に来たからにはやっぱり夕日が見たかった。事前に調べていたが、Nak Hotelというホテルの最上階にRooftop Barがある。名前は、Balin Roofgarden Bistro & Bar。日が落ちるのは、夕方6時ぐらいだ。夕日を見るために目的の場所に行くときは、ハラハラする。間に合わせたいという想いは、旅人を焦らす。今は夕方5時半だ。少し足を早めよう。最初は違うバーに入ってしまった。問題ないとは思うが、サンダルでRooftop Barに入れるかどうかもはっきりしない。ぎりぎり間に合って着いたそのバーでは、少し夕日が落ちかけていた。ローカル中国系と思われる人達が、子供たちも含めて席を取ってみんなで写真撮影を楽しんでいた。確かにおしゃれなバーだから、写真スポットにもなるだろう。佑はお酒を頼んだ。この旅で最初のビールだ。暮れゆく夕日を眺めていると、あの歌が頭に出てくる。

僕はサンダカンにいるんだ。日が落ちた後のサンダカンを歩いてみる。夜の雰囲気はまた変わってくる。あれだけ人がいた街も、夜7時になると人の姿もめっきり減って、多くの店が閉まっていた。とはいえ、海沿いにあるレストランはまだ人が多くいたので、そんなに暗いわけではない。佑は海沿いのレストランでご飯を食べた。街中は人が少し減ったぐらいでそんなに雰囲気は変わらないが、なぜか夜遅くなると、先程の賑やかであったHarbour Mall周辺に、おばちゃん達がずらっと並んで椅子に座っていた。佑は何をしているのかと見てみると、女性達はタバコを売っている。近くによると、袋から、普段のお店では見れないようなブランドのタバコを売っていた。タワウにいた頃から気づいていたが、サバ州の人たちは、普通のコンビニエンスストアや商店で販売されているような、Dunhillのような正規のタバコを最初からあまり持っていない。飲食店のテーブルに置いてあるタバコを見ても、見慣れないようなブランドのものを吸っている。単純に政府管理されていない違法タバコということだ。しかし違法とはいえ、誰もが吸っている。この手のタバコは、マレーシア半島にもいくらでもある。政府の税収が下がることと、British American Tobaccoなどのタバコメーカーからすると儲からないという欠点はあるが。おばちゃんが声をかけてきたから、知らないふりをして話を聞いてみた。佑は忘れていた。この街でも英語は通じない。タバコを買わないかと言っているのは分かる。How much?と聞くと、おばちゃんは5リンギットと言う。タバコの箱には、ERAというブランドが記載されている。このブランドは、佑には見覚えがあった。数年前に、Labuanに行った時に、このERAというタバコは見たことがある。Labuanは免税の島だ。その時に、このERAというタバコが、1カートン(10箱)で、17RMだったことを思い出した。10個で17リンギットで販売していたあのタバコが、ここでは、1個5リンギットでおばちゃんたちが売っている。Labuanは免税の島だから税金もかかっていない。だが、このおばちゃんたちが売っているタバコも税金がかかっているわけがない。ということは、逆算すると、あの時タバコ10箱で17リンギットだったのだから、割り算すると、1箱当たり1.7リンギットのたばこと言うことが分かる。それをおばちゃん達は、1箱5リンギットで闇に紛れて販売している。1個1.7リンギットのものを5リンギットで売ってるっていうことは、1個販売されれば、おばちゃん達は、3.3RM程度儲かることになる。約90円の利益だ。なかなか悪くない。1箱売れれば、1食は食べることができそうだ。そう考えると、おばちゃん達の利益としても全然悪くない商売だ。佑は、おばちゃん達の生活応援のためにも、1箱購入した。中身は誰もが吸っている普通のタバコだ。サバ州では、誰もが分かってこの様なタバコを吸っている。そんなことの否定は別に佑には関係なかった。

いろいろ歩いて疲れてきた。もうこの辺には見るものはないだろう。そろそろ宿に帰ろうとしたら、かわいらしいミルクティー屋さんを見つけた。佑は1つ買って帰った。ミルクティーとかは、クアラルンプールならば、10リンギットぐらいするが、サンダカンではたった3リンギットだった。1/3ぐらいの価格だった。安かったし、記念としても買ってみたが、後で飲むときに、うまくストローが刺さらずに、こぼしてしまった。買ったのに飲めなかったのは、お店の人に悪い気もした。まぁいいさ、1日目は充分楽しめた。今日はいい日だった。明日は朝早くから、サンダカンの友人がホテルのロビーに来て、一緒に街を回るようになってる。今日は早く寝よう


この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *