シェア電動スクーター beam を体験した!

  私はマレーシアのクアラルンプールに住んでいるのですが、最近街中を電動スクーターで移動している人を見かける機会が多くなってきました。電動スクーター自体には特に興味はないのですが、流行りものには関わってみたいという思いがあるので、登録して実際に利用してみました。実際に利用した後の感想と、このビジネスの将来性(個人的意見)も記載しています。   目次【本記事の内容】 1.シェア電動スクーター beamとは?  1-1.実際に利用してみた 2.まとめ   シェア電動スクーター beamとは? https://www.ridebeam.com/ 上記が公式Webサイトのようです。   実際に街中に置いてある電動スクーターはこのような感じである程度の台数で固まって置かれていることがほとんどです。     スマートフォンを操作して、スマートフォンと電動スクーターを通信させることでロックを解除します。   で、このように乗って行きます。   車体本体             実際に利用してみた では、実際に利用してみました。使う前には、アプリケーションをダウンロードして、クレジットカード / デビットカードを登録する必要があります。このアプリは Google Play で入手できます。   シンプルなアプリなので操作に困ることはないと思います。地図を開くと、スクーターのある場所が地図上に表示されます。今ではマレーシアでは、クアラルンプール中心部にしかないですね。 乗り方もアプリで説明があります。   ではスクーターのQRコードを読み込んで、実際に利用してみます。 利用中の画面になりました。...

スマトラ島の静かな離島 ブリトゥン島

Belitungという場所を聞いたことがありますでしょうか?日本語ではブリトゥン島として紹介されているようです。 現地の人も、英語で話すときは、”ブ”ではなく、”ベ”の発音をしていました。 が、インドネシア語では、Beの音はブと発音することもあると思うのでどちらでも良いのかな。 日本語では、ブリトゥン島と記載があるケースが多いので、本記事ではブリトゥン島に統一しておきます。 ブリトゥン島に関しては、日本語のブログ記事も少しありますが、英語の記事としてもさほど多いわけではないようです。 この度、クアラルンプールからブリトゥン島へ行ける唯一の国際便がエアアジアから始まりましたので、行ってきました。   目次【本記事の内容】 1.ブリトゥン島とは  1-1.どこにあるの?場所・地図 2.ブリトゥン島の観光について   2-1.宿:OYO 358 Hotel Martani Belitung   2-2.Mie Belitung Atep – Tanjung Pandan(Mie Belitung、Es Jeruk)   2-3.Satam Square Belitung   2-4.Traditional House Belitung   2-5.Adena   2-6.Tanjung Pendam Beach  ...